grandstream blog

【日本のウユニ】余呉湖に行ってきた!【観光】

こんにちは、grandstreamです。

久々の休日、特にやることもなかったので「日本のウユニ」と一時期話題となった、余呉湖という湖に行ってまいりました。

なお、あらかじめ言っておきますが、今回はウユニっぽい写真は取れませんでした。。

余呉湖の概要

日本のウユニ

写真家、別所隆弘さんのツイートで一時期話題となりました。

僕も写真が好きなので、この方をひっそりフォローしています。

なお、余呉湖は湖面が穏やかなことから、「鏡湖」とも呼ばれているそうです。

場所

湖の周囲は約6.2km。一周散歩するものアリかも??

ちなみにこのすぐ南には琵琶湖があります。

琵琶湖の影に隠れてこのような湖があるとは、僕もつい最近まで知りませんでした。

写真

湖の周囲はこじんまりした集落のような感じ。とてものどかでした。

湖の畔にはこうした木のベンチが複数設置されています。

この日は猛暑日で、とてもじゃないけど座ってられません。

余呉湖は、日本最古の天女伝説の地と呼ばれ、天女が羽衣を掛けたとされる柳が近くにあったようです。

が、2017年の台風で倒壊してしまったとのこと。(wikipediaより)

余呉湖では冬になるとワカサギ釣りで賑わうそうです。

僕が訪れたのは真夏でしたが、多くの(といっても10人くらい)の釣り人がいました。今の季節は何が釣れるんですかね?

ブラックバスとか?

↑湖西側より。快晴です。

釣り人以外に観光客らしき人はほとんどおらず、ゆったりした空気が流れていました。

滑り台が。この辺には公園らしき場所がなかったので、湖の畔にせめてもの遊具を作ったんでしょう。

もっとも、周囲がロープで囲われていて使用できませんでしたが。。

湖のすぐ北側にはJR北陸本線の余呉駅があります。

運良く列車が通ったので、いい感じの写真が取れました。

まとめ

あわよくばウユニっぽい写真が撮れるかなと思って行ってみましたが、この日はやや風もあり湖面が波立っていたので、それは叶いませんでした。

本場の写真家は本気度が違いますからね!

ああいう写真が撮れるということは偶然ではなく、入念なロケハンと粘り強い張り込みが為せる技だと思います。

ともあれ、のどかな日本の夏を満喫することができたので良かったです。

ではまた次回。

コメントはお気軽にどうぞ