grandstream blog

【英語表現】「tutelage」の意味とは?ネイティブの使用例と語源をご紹介!

こんにちは、grandstreamです。

さて、今回も気になる英語表現について深堀りしてみたいと思います。

今回調べてみたのは「tutelage」です。

tutelageってどういう意味?

さっそく辞書で調べてみました。

保護、後見、監督
〔学問・修行などにおける〕指導、助言

引用:英辞郎

発音は[US] túːtəlidʒ | [UK] tjúːtəlidʒ(チューティレジ)みたいな感じです。

tutelageの語源は?

では、語源を見てみましょう。

この単語は、ラテン語の「tutela(見守る、維持、保護)」が元になっています。「指導」という意味では、1857年に初めて使用が確認されています。

「tuition(授業料)」「tutor(チューター、家庭教師)」「tutorial(チュートリアル)」なども類似の単語ですね。

(参考:Wiktionary)

tutelageを使った例文

ではさっそく例文をみてみましょう。

  • Under the tutelage of Professor Roberts, the 900 delegates assessed and discussed the social market economy.
    →ロバーツ教授の指導のもと、900人の参加者は社会的市場経済について評価し、議論しました。

引用:Cambridge Dictionary

  • His knowledge of Spanish increased under private tutelage.
    →スペイン語の知識は、個人的な指導を受けて増えていった。

引用:Dictionary.com

  • He studied under the tutelage of Prof. John Doe.
    →彼はジョン・ドウ教授の指導の下で学びました。

引用:英辞郎

以上のように使用します。

SNS上での使用例

ではツイッター上で「tutelage」を使用している人のツイートを見てみましょう。

私の上司が今日退職しました。14年間、彼の指導を受けてきたので、とても悲しいです。私は彼を偉大なリーダーとして決して忘れません。

長年面倒を見てくれた上司がいなくなるのは寂しいですね。。

申し訳ありませんが、私が指導した生徒が何年も後にそのような評判だったら、恥ずかしいですね。

私はラングニックがアーセナルの若い才能を育ててくれることを望んでいます。マルティネッリのような選手は、ラングニックの指導と哲学のもとで大いに成長するだろう。
ラングニックとは、ドイツ出身の元サッカー選手・指導者のことですね。

まとめ

さて今回は、「tutelage」について調べてみました。

というわけで、皆さんだけが知っている面白い英語表現がありましたら、ぜひ下のコメント欄で教えて下さいね!

ではまた次回!

英語学習ならKindle Unlimited

AmazonのKindle Unlimitedは、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

  • 月額980円で読み放題(2冊で元が取れる)
  • 初回30日間無料で使える
  • PC・スマホ・タブレットなどで、どこでも利用可能
  • 洋書、英語学習に関する本も多数

気になった方は、以下のリンクからチェックしてみてください!

Kindle Unlimited                    

コメントはお気軽にどうぞ