grandstream blog

バギオ留学⑤ 語学学校の食事について

こんにちはgrandstreamです。

今回は、私がお邪魔している語学学校WALESさんの食事をご紹介したいと思います。

食事内容

さて、WALESさんでは平日は朝、昼、夕と3食、土日は昼と夕の2食が提供されています。

毎食違ったメニューのお惣菜が並び、好きな料理を好きなだけ食器に盛るバイキングのようなスタイルとなっています。

ここでは、過去10食分の写真を掲載したいと思います。

ちなみに、朝食は基本的に食べないので写真はありません。。


↑ハンバーグ、コールスローサラダ、肉炒め、メロン?、きのこスープ


↑牛丼、かぼちゃの炒め物、メロン、豚肉と玉ねぎ炒め、唐揚げ?、チーズ春巻、スープ


↑イカの炒め物、ビーフンと野菜の炒め物、カリフラワーの炒め物、オニオンリング、スープ


↑ひき肉の炒め物、大根?の炒め物、揚げ餃子、きゅうりの酢漬け、ササゲ?の炒め物、バナナ、スープ


↑豚肉炒め、レチョン、トマト、マンゴー、オクラ炒め、ササゲ炒め、スープ(コンソメ?)

レチョンはフィリピン名物で、豚肉を丸焼きした料理。


↑ネギと豚肉の炒めもの、ハンバーグ、きゅうり炒め、ビーフン?、スイカ、トマト、トマトスープ


↑豚肉とネギの煮物、唐揚げ、ササゲ炒め、ゴーヤチャンプルー、コールスローサラダ、キムチ、パパイヤ?、スープ


↑豚キムチ野菜炒め、白身魚の揚げ物、黒豆、ブロッコリー、キムチ、スープ


↑トッポギ、レチョン、キャベツ炒め、キムチ、野菜スープ


↑豚肉炒め×2、きのことササゲの炒め物、春雨の炒め物、キムチ、スイカ、スープ

なお、メニューは毎回10種類程度あり、キムチ、レタス(生野菜)はほぼ毎食出ます。

スープもほぼ毎食出ますが、コンソメだったり、ポタージュみたいだったり、色々バリエーションがあります。

メニューのバリエーションが多いと飽きにくいのでとても良い思います。

また肝心のお味ですが、なかなか美味しいです。

ただ、少し味付けは濃いめなので、塩分の取りすぎには注意した方がいいかもしれません。

あと、ごく稀に野菜炒めが甘かったり、謎の風味が漂ってきてびっくりすることがありますね。

いまだにフィリピン人の味付けセンスがイマイチ理解できません。。

それと、前も記事に書いたかもしれませんが、ご飯の炊き方があまり上手とは言えず、基本的にベタつき気味なのが玉に瑕ですね。

上記写真のご飯はまだマシなところをかき集めています。。

【2020年5月25日追記】5月某日、ご飯を炊く時の水分を少なめにするようにシェフに伝えることに成功し、いい感じの炊き具合になりました!

Thank god!

まとめ

今回はWALESさんのお食事を紹介させていただきました。

個人的に良いと思った点は、メニューが豊富でほとんどのメニューが美味しいということ。

以上です、ではまた。

“バギオ留学⑤ 語学学校の食事について” への1件のコメント

コメントはお気軽にどうぞ