grandstream blog

バギオ留学⑭ パンシットカントン(5種類)をご紹介【フィリピン焼きそば】

こんにちはgrandstreamです。

今回はフィリピンの国民食とも言えるインスタントヌードル、パンシットカントン(焼きそば)についてご紹介します。

パンシットカントン(PANCIT CANTON)とは

フィリピンに本社を置くMonde Nissinという食品会社(日本の日清とは全く関係ないそうです)が展開している「Lucky Me!」というインスタントヌードルのブランドの商品です。

商品名であるパンシットカントンの「カントン」はおそらく「広東風」ということなのでしょう。。

お値段に関しては、僕の留学先の近所のスーパーでは12.5ペソ(約25円)で購入することができ非常に安いです。

なおパンシット自体はフィリピンのローカルフードで、僕の留学先の食堂でも定番メニューとなっています。

作り方

袋の裏側には作り方が記載されていて、それによると作り方は2種類あるようです。

画像にもあるように、「with draining (湯切りあり)」「no draining(湯切りなし)」です。

基本的な作り方は日本のインスタント麺と同じですが、「no draining」の場合では茹でる際に水を少なめに使用し、水を切らなくてもいいようにしている(水を節約している??)ようです。

では、早速作っていきます。

中身はこんな感じで、インスタント麺と油や粉末の調味料が入っています。

麺は60gとやや少なめなので1人前だったら2袋くらい使った方がいいかもしれませんね。

次に、調味料を先にお皿に空けておきます。

ニンニクの香りが漂ってきます。

お湯が沸いたら麺を投入。

ちなみにこの電気ポットはフィリピンの通販で500円くらいで買ったのですが、手軽に使えてかなり重宝しています。

3分くらい茹でたら麺を取り出して先ほどのお皿に盛り、調味料と絡めて完成です。

麺がもちっとしていて、そこらのインスタント麺とは一線を画したうまさです。

またニンニクの風味が効いていてクセになります。

なお、やや味が濃い目なのでパンと一緒に食べるとさらに美味しくいただけます。

この写真のパンは「パンデサル(PANDESAL)」と言ってこちらもスーパーやコンビニなどで安価で買えるふわふわのパンです。レンジで温めておくとなお良しです。

個人的パンシットカントンランキング

さてお伝えし忘れていましたが、パンシットカントンには僕の知る限り5つのフレーバーが存在します。

全種類食べたことのある僕が、個人的な好みでランク付けしましたので5位から発表したいと思います。

5位 SWEET & SPICY

その名の通り、甘くて辛いフレーバーです。

フィリピン人は甘い味が好きなのかもしれませんが、残念ながら僕の口には合いませんでした。

ただ少なくとも辛味はあるので、頑張れば食べれます。

4位 ORIGINAL

こちらはオリジナルフレーバー、つまり甘くも辛くもないということです。

とは言っても、ベースとしてニンニク風味や醤油(?)の塩味は感じますので普通に美味しいです。

ただ少し何かが足りないな…..と思ってしまいます。

3位 KALAMANSI

第3位はKALAMANSI(カラマンシー)フレーバーです。

カラマンシーというのはフィリピンの国民的柑橘類(?)と言って差し支えないでしょう。

フィリピンのレストランに行くとカラマンシージュースなんかもよくあります。日本でいうスダチやシークワーサーみたいなもんでしょうか。

さてこのフレーバーは、先ほどのオリジナルのものに柑橘系の酸味が加わったものとなります。

酸味がひとたび加わるだけで、非常に爽やかなパンシットに様変わりします。

パンシットとカラマンシーは非常に相性がいいですね。

2位 EXTRA HOT CHILI

第2位は「EXTRA HOT CHILI」フレーバーです。

いかにも辛そうなパッケージですが、そこまで辛くはありません。

と言っても主観になってしまいますが、舌が焼けるほど辛いわけではなく常識的な辛さに収まっています。ただ、辛いのがもともと苦手な人はやめた方がいいかもしれないですね。

個人的には割と辛いものが好きなので、このフレーバーは割と好みです。

1位 CHILI-MANSI

出ました、最強の組み合わせ。

CHILIとKALAMANSIを合わせて、その名も「CHILI-MANSI」

酸味と辛味が好きな僕にはたまりません。ちなみに辛味だけでいうと、2位の「EXTRA HOT CHILI」より少し抑えめな感じがしますが、その加減がちょうどいいです。

というわけで1位は問答無用で「CHILI-MANSI」とさせて頂きます。

まとめ

さて今回はフィリピンの国民的インスタントヌードル「PANCIT CANTON」をご紹介しました。

値段よし、味よし、麺よしということで、まだ食べたことのない方にはぜひ食べてみてもらいたいと思います。

個人的には日本で買うとちょっと高くなってしまうので大量に買って帰りたい、、と思っている今日この頃です。

というわけで今回はこの辺にしたいと思います。

では。

grandstreamに支援を送る

コメントはお気軽にどうぞ