grandstream blog

【英語表現】「sting operation」の意味とは?ネイティブの使用例と語源をご紹介!

こんにちは、grandstreamです。

さて、今回も気になる英語表現について深堀りしてみたいと思います。

今回調べてみたのは「sting operation」です。

sting operationってどういう意味?

さっそく辞書で調べてみました。

〔犯罪者を逮捕するための〕おとり捜査

引用:英辞郎

sting operationの語源は?

では、語源を見ていきましょう。

stingには「刺す」という意味がありますね。

timesofindia.indiatimes.comによれば、この表現は、ミツバチに由来しているとのこと。

おとり捜査では、警察などのおとり捜査官が自ら犯罪者を装い、犯人をおびき寄せます。そしてターゲットが餌に食いついたらチクリと刺す(逮捕する)わけですね。

(参考:timesofindia.indiatimes.com)

sting operationを使った例文

ではさっそく例文をみてみましょう。

  • Police set up a sting operation and videotaped Cruz arranging the killing with several homeless men, prosecutors said.
    →警察はおとり捜査を行い、クルーズが数人のホームレスと一緒に殺人の手配をしているところをビデオで撮影したと検察側は述べている。

引用:vocabulary.com

  • During this sting operation, he worked as an undercover agent.
    →このおとり捜査では、彼はおとり捜査官として働いていました。
  • She agrees to participate in a sting operation.
    →彼女はおとり捜査に参加することに同意している。

引用:Cambridge Dictionary

以上のように使用します。

SNS上での使用例

ではツイッター上で「sting operation」を使用している人のツイートを見てみましょう。

今日は、警察のおとり捜査で「売春婦を勧誘して逮捕される男」を演じました。

どこかの劇団の方でしょうか?それとも、警察で行われたシミュレーションか何かでしょうか…?

私たちは今、人類史上最大のおとり捜査を目の当たりにしています。目覚める人が増えれば増えるほど、世界の分裂は少なくなるでしょう。

ちょっと何を言ってるかあんまりわかりませんが…笑。人類史上最大のおとり捜査とは、コロナのことでしょうか…?

おとり捜査の重要な要素は、犯罪者に実際に犯罪を行わせ、その様子をすべて記録することです。これは非常に興味深いことだ…🍿
おとり捜査はよくドラマでは見る機会が多いですが、現実世界でそんなに頻繁に行われるものなんでしょうかね…?気になるところです。。

まとめ

さて今回は、「sting operation」について調べてみました。

というわけで、皆さんだけが知っている面白い英語表現がありましたら、ぜひ下のコメント欄で教えて下さいね!

ではまた次回!

英語学習ならKindle Unlimited

AmazonのKindle Unlimitedは、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

  • 月額980円で読み放題(2冊で元が取れる)
  • 初回30日間無料で使える
  • PC・スマホ・タブレットなどで、どこでも利用可能
  • 洋書、英語学習に関する本も多数

気になった方は、以下のリンクからチェックしてみてください!

Kindle Unlimited                    

コメントはお気軽にどうぞ