grandstream blog

【英語表現】「shake like a leaf」の意味とは?ネイティブの使用例と語源をご紹介!

こんにちは、grandstreamです。

さて、今回も気になる英語表現について深堀りしてみたいと思います。

今回調べてみたのは「shake like a leaf」です。

shake like a leafってどういう意味?

さっそく辞書で調べてみました。

〔恐怖・不安などで〕ブルブル[ガタガタ]震える

引用:英辞郎

shake like a leafの語源は?

では、語源を見ていきましょう。

直訳では、「葉っぱのように揺れる」となります。葉っぱが揺れるように、緊張や不安で体がブルブル震えているさまを表現しているわけですね。

この表現はかなり古くからあるようで、13世紀のフランスの寓話の中にも登場しています。

1300年代には、「カンタベリー物語」などで知られるイギリスの詩人チョーサーがこの表現を使用していたようで、とりわけ「ポプラの葉」のように揺れる、と表現していたようですね。ちなみにポプラの葉は、細い茎に大きな葉っぱがついているので、ちょっと風が吹いただけでもすぐ揺れるんだとか。

(参考:Writing Explained)

shake like a leafを使った例文

ではさっそく例文をみてみましょう。

  • Henry shook like a leaf when his father scolded him for breaking the window.
    →窓ガラスを割ったことを父親に叱られて、ヘンリーはぶるぶる震えていた

引用:英辞郎

  • I was shaking like a leaf when I went up to deliver my speech in front of all those people.
    →私は、大勢の人の前でスピーチをするとき、ぶるぶる震えていました

引用:The Free Dictionary

  • I didn’t think about the danger at the time. Afterwards I was shaking like a leaf.
    →その時は危険だとは思いませんでした。あとになってから、私はぶるぶる震えていました

引用:Collins

以上のように使用します。

SNS上での使用例

ではツイッター上で「shake like a leaf」を使用している人のツイートを見てみましょう。

私はタイレノールを買わなかったので、今は朝6時ですが、ソファでブルブル震えています😇。

タイレノールは解熱鎮痛剤とのこと。つまり風邪薬ですかね…?寒気がして震えているんでしょう。。

今日は私の教師としての仕事の初日です。 緊張しているどころか、ガクガク震えています👩🏻🏫。

大勢の人を相手にする仕事は緊張しますよね。僕もそういうのは結構苦手ですね…。

うちの3匹の犬の雷に対する反応の違いは異常で、モカはブルブル震えながらくっついて離れず、ベラは過呼吸になり、ミファは顔を上げた後、そのまま寝てしまいました。

三者三様で面白いですね。人間も、敏感に反応してしまう人もいれば、鈍感で全く意に介さない人がいるのと同じですね。

まとめ

さて今回は、「shake like a leaf」について調べてみました。

この表現はアメリカ人の友人もこの前使っていて、仕事のプレゼンテーションの前に緊張でブルブル震えたと言っていました。

というわけで、皆さんだけが知っている面白い英語表現がありましたら、ぜひ下のコメント欄で教えて下さいね!

ではまた次回!

英語学習ならKindle Unlimited

AmazonのKindle Unlimitedは、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

  • 月額980円で読み放題(2冊で元が取れる)
  • 初回30日間無料で使える
  • PC・スマホ・タブレットなどで、どこでも利用可能
  • 洋書、英語学習に関する本も多数

気になった方は、以下のリンクからチェックしてみてください!

Kindle Unlimited                    

コメントはお気軽にどうぞ