grandstream blog

【英語表現】「rock the boat」の意味とは?ネイティブの使用例と語源をご紹介!

こんにちは、grandstreamです。

さて、今回も気になる英語表現について深堀りしてみたいと思います。

今回調べてみたのは「rock the boat」です。

rock the boatってどういう意味?

さっそく辞書で調べてみました。

〈話〉波風を立てる、事を荒立てる

引用:英辞郎

rock the boatの語源は?

では、語源を見てみましょう。

直訳すると「ボートを揺らす」となります。小さなボートの上で体を動かしたり立ち上がったりすると、転覆してしまう可能性がありますよね。ここから比喩的に、「波風を立てる、事を荒立てる」という意味で使用されるようになりました。

一説には、アメリカの政治家、ウィリアム・ジェニングス・ブライアンが最初に使用したと言われています。

(引用:gingersoftware.com、idioms.online)

rock the boatを使った例文

ではさっそく例文をみてみましょう。

  • Don’t rock the boat until the negotiations are finished.
    →交渉が終わるまで、事を荒立てるな。

引用:Cambridge Dictionary

  •  He kept his feelings to himself, not wanting to rock the boat.
    → 彼は自分の気持ちを抑えて、波風を立てたくないと思っていた。

引用:Longman

  • I knew of the cultural differences and tried not to rock the boat.
    →文化の違いが分かっていたので、波風を立てないようにした。

引用:英辞郎

以上のように使用します。

SNS上での使用例

ではツイッター上で「rock the boat」を使用している人のツイートを見てみましょう。

事を荒立ててくる人は嫌いです。このままではいけないのか?

今日も一日、仕事が終わりました! 事を荒立てちゃいました。これでみんな巻き込まれた(笑) 月曜の朝は面白いことになりそうだ。

何をやらかしたんでしょうね…?笑

波風立てたり、問題を起こしたりするつもりはありませんが。後日、ゲームに行くのが楽しみになりました。

まとめ

さて今回は、「rock the boat」について調べてみました。

というわけで、皆さんだけが知っている面白い英語表現がありましたら、ぜひ下のコメント欄で教えて下さいね!

ではまた次回!

英語学習ならKindle Unlimited

AmazonのKindle Unlimitedは、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

  • 月額980円で読み放題(2冊で元が取れる)
  • 初回30日間無料で使える
  • PC・スマホ・タブレットなどで、どこでも利用可能
  • 洋書、英語学習に関する本も多数

気になった方は、以下のリンクからチェックしてみてください!

Kindle Unlimited                    

コメントはお気軽にどうぞ