grandstream blog

【英語表現】「make a point of」の意味とは?ネイティブの使用例と語源をご紹介!

こんにちは、grandstreamです。

さて、今回も気になる英語表現について深堀りしてみたいと思います。

今回調べてみたのは「make a point of」です。

make a point ofってどういう意味?

さっそく辞書で調べてみました。

努めて[必ず・決まって・忘れずに]~する、あえて[わざわざ]~する、~するのを主義[建前]としている、~することにしている、必ず~するのを忘れない、必ず[常に]~するように心掛けている

引用:英辞郎

make a point ofの語源は?

では語源を見ていきましょう。

この表現における「point」は「目的、目標」といった意味で使用されているようです。すなわち「〜という目標・目的を作る」と直訳できます。

1700年代後半より使用されているようです。

(参考:dictionary.com)

make a point ofを使った例文

ではさっそく例文をみてみましょう。

  • She makes a point of keeping all her shopping receipts.
    →彼女は買い物のレシートをすべて保管するようにしています

引用:Cambridge Dictionary

  • She makes a point of treating her employees fairly.
    →彼女は、従業員を公平に扱うことを心がけています。

引用:Merriam-Webster

  • He made a point of saying that this was his land, not ours.
    →彼は決まって、これは自分の土地であって私たちのものではないと言った。

引用:英辞郎

以上のように使用します。

SNS上での使用例

ではツイッター上で「make a point of」を使用している人のツイートを見てみましょう。

私は、物事を学ばないようにしています。知らないことが多いほど謎が多くなり、その分世界が不思議に思えるからね。

一理ありますね。

30代は嫌味なくらいに魅力的であるように心がけた方がいいと思います。

もしあなたがジムに通っていて、たくさんフリーベンチがあるのに(横に誰もいないフリーベンチが5つあるのを確認しました。)、わざわざすでにそこで使っている人の真横のベンチを使うようにしているなら、あなたがグレードAのカスであることを知っておいてください。
グレードAのカスって笑。確かに、空いているのにわざわざ隣を使われたら「なんやこの人?」ってなる気持ちはわかります。

まとめ

さて今回は、「make a point of」について調べてみました。

というわけで、皆さんだけが知っている面白い英語表現がありましたら、ぜひ下のコメント欄で教えて下さいね!

ではまた次回!

grandstreamに支援を送る

英語学習ならKindle Unlimited

AmazonのKindle Unlimitedは、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

  • 月額980円で読み放題(2冊で元が取れる)
  • 初回30日間無料で使える
  • PC・スマホ・タブレットなどで、どこでも利用可能
  • 洋書、英語学習に関する本も多数

気になった方は、以下のリンクからチェックしてみてください!

Kindle Unlimited                    

コメントはお気軽にどうぞ