grandstream blog

【英語表現】「low blow」の意味とは?ネイティブの使用例と語源をご紹介!

こんにちは、grandstreamです。

さて、今回も気になる英語表現について深堀りしてみたいと思います。

今回調べてみたのは「low blow」です。

low blowってどういう意味?

さっそく辞書で調べてみました。

〈話〉卑劣な攻撃、侮辱

引用:英辞郎

low blowの語源は?

では、語源を見てみましょう。

Low Blow(ローブロー)とは、ボクシングにおいて、トランクスのベルト部分よりも下への攻撃のことで、反則行為のようです。

そこから転じて、卑怯な攻撃のことを一般に指すようになったようですね。

(引用:Weblio, goo辞書)

low blowを使った例文

ではさっそく例文をみてみましょう。

  • Criticizing his wife’s family was a low blow.
    →妻の家族を批判したのは卑劣な攻撃だった。

引用:Cambridge Dictionary

  •  Firing her on her birthday was really a low blow.
    → 彼女の誕生日に解雇するのは、本当に卑劣だと思います。

引用:Merriam Webster

  • I thought their campaign ad bringing up my divorce was an especially low blow.
    →私の離婚を持ち出した選挙広告は特に卑怯だと思いました。

引用:The Free Dictionary

以上のように使用します。

SNS上での使用例

ではツイッター上で「low blow」を使用している人のツイートを見てみましょう。

私は卑劣なことは言えませんが、どれだけ多くの人があなたを「魅力的」と感じても、あなたの醜い心はそれを隠すことはできません。では、良い一日を~。

卑怯な手口でした。人を貶めるためにここまでする人がいるとは信じられません。人としての基本的なマナーが欠けています。

どんな卑怯なことをしたんでしょうか…?

そうだね、マイケル、あれは卑怯でした。

まとめ

さて今回は、「low blow」について調べてみました。

というわけで、皆さんだけが知っている面白い英語表現がありましたら、ぜひ下のコメント欄で教えて下さいね!

ではまた次回!

grandstreamに支援を送る

英語学習ならKindle Unlimited

AmazonのKindle Unlimitedは、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

  • 月額980円で読み放題(2冊で元が取れる)
  • 初回30日間無料で使える
  • PC・スマホ・タブレットなどで、どこでも利用可能
  • 洋書、英語学習に関する本も多数

気になった方は、以下のリンクからチェックしてみてください!

Kindle Unlimited                    

コメントはお気軽にどうぞ