grandstream blog

【引っ越し】洗濯機の設置の仕方を写真付きで解説!【3ステップ】

こんにちはgrandstreamです。

つい先日新居に引っ越し、中古の洗濯機を購入しました。

設置を一人で行なったのですが、意外と簡単に設置することができましたので、今回は写真付きで、洗濯機を自力で設置する手順について解説したいと思います。

必要なもの

さて、洗濯機を設置する際、事前に用意しておくものは以下のとおりです。

  • ドライバー(アース線接続のため)
  • 給水ホース(洗濯機に付属していない無い場合)

僕の場合、中古で購入したので、給水ホースが付属していませんでした。でも大丈夫。ホームセンターにおいてありますのでチェックしてみてください。

僕が購入したのはこれ↓。1400円くらいでした。

なお、通販でも購入できます。購入する際は、ホースの長さに注意してください。

自分で洗濯機を設置する手順

ではさっそく、洗濯機を設置する手順をみていきましょう。

  1. 排水ホースを取り付ける
  2. 電源とアース線を取り付ける
  3. 給水ホースを取り付ける

1.排水ホースを取り付ける

↓のように防水パンに排水用のパイプがあると思います。ここに、洗濯機の排水ホースを連結します。


↓こんな感じでしっかり置くまで差し込みましょう。

2.電源とアース線を取り付ける

次に、電源とアース線を取り付けます。

アース線については、まずドライバーでネジを緩め、銅線をスキマに差し込んだ(接触させた)状態でネジをしっかり締めます。銅線がちゃんと挟まっていればOK。

3.給水ホースを取り付ける

次に、給水ホースを取り付けます。

↓まず、洗濯機側はつまみを右に回しながら接続します。これは簡単ですね。

次に、蛇口側にホースを取り付けます。

↓接続の際は、親指と人差指で外側のリングを下にグイッと引っ張りつつ、ガチャンと接続するようにしてください。

以上で、設置は完了です!最後にしっかり水が流れるか、排水できるかチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?意外と簡単ですね。設置まで業者に頼むと余分に何千円と追加費用がかかってしまいますので、余裕のある方はぜひ自分でやってしまいましょう。

では今回はこのへんで!

コメントはお気軽にどうぞ