grandstream blog

【日常英会話】「とは言うものの…」って英語でなんと表現する?

こんにちは、grandstreamです。

今回から、日常英会話で使えそうな英語表現を、自分がこれまで留学やオンライン英会話、またフィリピン人の友達とのチャットの中で学んだ経験からご紹介していきたいと思います。

「とは言うものの…」って英語でなんと言う?

ここでは2つフレーズをご紹介します。

Having said that, 〜

however(しかしながら)とか、nevertheless(それにもかかわらず)のように文頭で接続詞のように使われることが多いように思います。

【例文】

・He forgets most things, but having said that, he always remembers my birthday.(Cambridge Dictionary)
(彼は物忘れが激しい、だけどそうはいっても、私の誕生日は常に覚えている)

・The diet can make you slim without exercise. Having said that, however, exercise is important too.( Longman Dictionary )
(運動しなくてもそのダイエット法で痩せることができるけど、そうはいっても、運動することも大事だよ。)

That being said, 〜

これも先ほどと同様に使うことができます。

まとめ

特に「having said that」は海外ドラマでは何度か見かけたことがあり、僕もたまに使うことがあります。

「That being said」の方は、フィリピンの友人がLINEで使っていましたね!

butとかhoweverだけでなく、今回ご紹介した表現も英会話の中でぜひ取り入れてみてください。

オンライン英会話ならネイティブキャンプがおすすめ


いつでも自分の都合に合わせて、1日何回でも授業を受けられるのでオススメ。

僕は留学中からずっと利用しています。

英語学習ならKindle Unlimited

AmazonのKindle Unlimitedは、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

  • 月額980円で読み放題(2冊で元が取れる)
  • 初回30日間無料で使える
  • PC・スマホ・タブレットなどで、どこでも利用可能
  • 洋書、英語学習に関する本も多数

気になった方は、以下のリンクからチェックしてみてください!

Kindle Unlimited                    

コメントはお気軽にどうぞ