grandstream blog

【初心者向け】ローカルファイルをGitHubにアップロードする方法【GitHub】

こんにちはgramdstreamです。

githubを久しぶりに触ったので、今回は復習も兼ねて「ローカルのファイルをgithub上にアップロードする方法」をまとめてみました。

ローカルのファイルをGitHub上にアップロードする方法

前提条件

  • githubのアカウントを持っている
  • 自身のPCにgitを導入済み(macは最初から入っているみたいです)
  • コマンドラインの基礎知識

なお、僕はmacを使用しているので、macを使用されている方は理解しやすいかと思います。

大まかな流れ

  1. githubで新しいリポジトリ(リモートリポジトリ)を作成
  2. コマンドラインを使用し、アップロードしたいローカルファイル上でローカルリポジトリを作成
  3. ローカルとgithub(リモート)を関連付けてアップロード

アップロードの具体的な手順

ではさっそく、上記の「大まかな流れ」に沿って見ていきます。

1.githubで新しいリポジトリを作成

githubの画面を開いたら、右上あたりの「+」をクリックし「new repository」を選択します。

すると、次のような画面になります。入力項目を確認していきましょう。


まず「Repository name」には任意で名前を付けます。アップしたいローカルのフォルダ名と同じでもいいと思います。

「discription」は特に記入しなくても問題ないです。

次に、public(全員に公開)かprivate(非公開)のどちらかを選びます。

「Initialize this repository with:」もここではチェックせず飛ばします。

最後に「create repository」ボタンをクリックして完了です。

2.コマンドラインを使用し、ローカルリポジトリを作成

次に、コマンドライン(ターミナル)を使っていくつかコマンドを打つことで、先程作成したリモートリポジトリにアップロードしていきます。

「cd フォルダのパス」で、アップロードしたいフォルダへ移動

コマンド「cd フォルダのパス」と入力。

フォルダのパスは、finder上のフォルダをターミナル上に直接ドラッグ&ドロップすると簡単です。

「git init」 と入力しローカルリポジトリを作成

「git init」と入力すると、「Initialized empty Git repository ~~~」と表示されローカルリポジトリが作成されます。

「git add .」と入力し、ステージングさせる

次に「git add .」と入力することで、対象フォルダに入っている全てのファイルやフォルダを、ステージング状態(アップロードの対象)にできます。

コマンド上には特に何も表示されません。

「git commit -m “コミット名”」を入力し、保存する

「git commit -m “コミット名”」を入力。コミットとは、今現在のファイルを保存する行為です。

コミット名には、任意の文字列(ダブルクォーテーションも忘れずに)を記入しましょう。

メモ書きのようなもので、後からgithub上で確認できます。日本語でもOK。

このコマンドを実行すると、フォルダ内の各ファイルがコミット(保存)されている様子がコマンド上で確認できます(画像省略)。

3.ローカルとgithub(リモート)を関連付けてアップロード

これで、アップロードしたいフォルダを選択し、保存するところまでできました。

次に、リモートリポジトリとの関連付けとアップロードを行います。

「git remote add origin url名」と入力、リモートとの関連付けをする

コマンドに「git remote add origin url名」と入力。url名の部分には、新規リポジトリを作成したときの画面にある、urlをコピペします。

なお、httpsとsshがありますが、httpsを選びます。

コマンドを実行すると特に何も表示されませんがこれでOKです。

「git push origin master」と入力、アップロードされる

最後に「git push origin master」と入力すればアップロードされます。これをプッシュといいます。

コマンドを実行すると「何%」とか表示されて、まさにアップロードされているのが見て取れます。

githubで先ほど作成したリポジトリを再読込すれば、アップロードされているのが確認できます。

アップロード手順のおさらい【コピペ用】

  1. cd ディレクトリ
    アップロードしたいフォルダへ移動
  2. git init
    ローカルリポジトリ作成
  3. git add .
    対象フォルダ内のすべてのフォルダ/ファイルをステージング
  4. git commit -m “メモ “
    ステージングしたファイルを保存(” ”内はメモ書き)
  5. git remote add origin url名 
    リモートリポジトリとの関連付け
  6. git push origin master
    アップロード

github関連でわかりやすい動画

youtubeで個人的にわかりやすかった動画をご紹介します。

こちらはgit、githubとはそもそも何なのか知りたい人向けです。

非常に具体的なので、1つ1つの概念がスッキリ理解できます。

次に、こちらの動画はvscode上でgitを使う方法について解説しています。

コマンドラインに抵抗がある方もこちらなら、割と直感的に操作できるのでやりやすいかもしれません。

まとめ

さて、今回は「ローカルのファイルをgithub上にアップロードする方法」ということで、(自分用に)まとめてみました。

github上でのファイル管理にも少しずつ慣れていきたいと思います。

ではまた。

コメントはお気軽にどうぞ