grandstream blog

【英語表現】「get wind of」の意味とは?ネイティブの使用例と語源をご紹介!

こんにちは、grandstreamです。

さて、今回も気になる英語表現について深堀りしてみたいと思います。

今回調べてみたのは「get wind of」です。

get wind ofってどういう意味?

さっそく辞書で調べてみました。

〔計略・気配・うわさなどを〕かぎつける

引用:英辞郎

get wind ofの語源は?

では語源を見ていきましょう。

この表現は1800年代前半から使用されており、空気中に漂う香りに動物が気づくことがその由来となっているようです。

日本語でも似た表現で「風のうわさ」がありますね。

(参考:idioms.online)

get wind ofを使った例文

ではさっそく例文をみてみましょう。

  • I don’t want my colleagues to get wind of the fact that I’m leaving.
    →私が辞めるということを同僚に嗅ぎつけられたくないのです。

引用:Cambridge Dictionary

  • If Mom gets wind of this prank we’re planning, we’ll be grounded for the rest of the summer.
    →もしママにこのイタズラがバレたら、夏の間は外出禁止になってしまいます。

引用:The Free Dictionary

  • Once the police get wind of your whereabouts, they’ll hunt for you every day.
    →ひとたび警察があなたの行方をかぎつけたら、毎日捜索するでしょう。

引用:英辞郎

以上のように使用します。

SNS上での使用例

ではツイッター上で「get wind of」を使用している人のツイートを見てみましょう。

私のポッドキャストのことを知ったら、さらに嫌われてしまうでしょうね。

嫌われちゃうような内容を発信しているんでしょうか。。

カインがこのことを知ったら、マックはすぐに死んでしまうだろう😬。

「Emmerdale」とは、イギリスの長寿ドラマのようですね。

ゴシップとは、誰かが何かを嗅ぎつけて、それをサイクロンのように扱うことです。
サイクロン、つまり台風のように扱うということですね。たしかに、ゴシップとは台風みたいなもんですよね。

まとめ

さて今回は、「get wind of」について調べてみました。

というわけで、皆さんだけが知っている面白い英語表現がありましたら、ぜひ下のコメント欄で教えて下さいね!

ではまた次回!

grandstreamに支援を送る

英語学習ならKindle Unlimited

AmazonのKindle Unlimitedは、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

  • 月額980円で読み放題(2冊で元が取れる)
  • 初回30日間無料で使える
  • PC・スマホ・タブレットなどで、どこでも利用可能
  • 洋書、英語学習に関する本も多数

気になった方は、以下のリンクからチェックしてみてください!

Kindle Unlimited                    

コメントはお気軽にどうぞ