grandstream blog

【英語表現】「dot the i’s and cross the t’s」の意味とは?ネイティブの使用例と語源をご紹介!

こんにちはgrandstreamです。

さて、今回も気になる英語表現について深堀りしてみたいと思います。

今回調べてみたのは「dot the i’s and cross the t’s」です。

dot the i’s and cross the t’sってどういう意味?

さっそく辞書で調べてみました。

細部まで気を配る[注意を払う・手を抜かない]、事細かに記す、あくまでも慎重を期する

引用:英辞郎

dot the i’s and cross the t’sの語源は?

では、語源について見てみましょう。

直訳すれば、「iの点を打ち、tの横棒を引く」といった意味になります。アルファベット「i」と「t」の違いは、縦棒に点がついているか、横棒が引かれているかの違いしかありません。とりわけ、筆記体で書いたときは、後から点を打ったり横棒を引くので、よく注意していないと間違えそうですね。

とどのつまり、「i」と「t」を混同しないように、正確に、注意深く文字を書きましょうといった意味合いですね。

ここから比喩的に、物事の細部まで気を配るといった意味で使われるようになったわけです。

(参考:Wiktionary, 英辞郎)

dot the i’s and cross the t’sを使った例文

ではさっそく例文をみてみましょう。

  • The negotiations are nearly finished, but we still have to dot the i’s and cross the t’s.
    →交渉はほぼ終わりかけているが、それでも細部まで気を配る必要がある。

引用:Cambridge Dictionary

  • If you don’t dot the i’s and cross the t’s, they’ll cancel your benefits.
    事細かに記さないと給付金を取り消されるよ。
  • Prosecutors were doting the i’s and crossing the t’s.
    → 検察官は、事細かに記していました。

引用: 英辞郎

以上のように使用します。

SNS上での使用例

ではツイッター上で「dot the i’s and cross the t’s」を使用している人のツイートを見てみましょう。

大局的にはあまり重要ではないことはわかっていますが、投稿する前に少しでも時間をかけて細部までチェックしてくれる人にはいつも感謝しています。それは、相手に伝える言葉を少しでも考えようとする気持ちの表れだと思います。

文章をネット上で発信する際に誤字には気をつけたいところですね。。僕も「dot the i’s and cross the t’s」を意識していきたいと思います。

どうしてこんなに早く金曜日が来てしまったのか…?
なんだか「やり残したこと」があるような気がしてなりません。
週末を迎える前に、細部まで詰めていきましょう。

一週間が早いのは非常に同感します。。

ぼーっとしているとあっというまに金曜日。今週は何をやったんだろうか、大したことやってないんじゃないかと心配になるときもありますね。

ボリス・ジョンソンは、注意深く文字を書くことを忘れているだけでなく、そもそも文字を書くことすら忘れています。

ナイスなジョークですね。笑。

まとめ

さて今回は、「dot the i’s and cross the t’s」について調べてみました。

英語特有の面白い表現ですね。日本語にも同じような表現ってあるんでしょうかね…?

ぜひ使ってみてください。

ではまた次回!

英語学習ならKindle Unlimited

AmazonのKindle Unlimitedは、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

  • 月額980円で読み放題(2冊で元が取れる)
  • 初回30日間無料で使える
  • PC・スマホ・タブレットなどで、どこでも利用可能
  • 洋書、英語学習に関する本も多数

気になった方は、以下のリンクからチェックしてみてください!

Kindle Unlimited                    

コメントはお気軽にどうぞ