grandstream blog

【映画】ボヘミアン・ラプソディを観ました【感想】

こんにちは、grandstreamです。

今回は、アマゾンプライムで映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観ましたので、少し感想を。

ボヘミアン・ラプソディのストーリー

イギリスのロックバンド・クイーンのボーカルだったフレディ・マーキュリーに焦点を当て、1970年のクイーン結成から1985年のライヴエイド出演までを描いた伝記映画である。

引用:Wikipedia

皆さんおそらくご存知のフレディ・マーキュリーの半生を描いた作品です。

ボヘミアン・ラプソディの見どころ

では、個人的見どころを簡単にまとめてみたいと思います。

耳馴染みのある名曲の数々

クイーンというバンド自体に詳しくない方でもおそらく知っているであろう、有名な曲が劇中で度々流れます。

僕もそこまでクイーンが好きなわけではなかったですが、映画を観ながら、「おお、知っている曲ばっかり…!」と感心しました。

この映画を見る前はそんなに乗り気ではなかったものの、一度見だすと、知っている曲が次々流れ、テンポも良かったので楽しんで見ることができました。

ちなみに劇中の音源は基本フレディが実際に歌った音源を利用しているとのことです。

ただ、一部は主役の「ラミ・マレック」が歌った部分もあるようです。(全然気づかなかった…)

フレディを襲う数々の困難

フレディはバイセクシャルであることに対する葛藤、それが原因で生じた恋人との軋轢…。

またバンド内での仲違いなど、、フレディならではの苦しみがしっかり描写されています。

人と違うからこそ生じた悩み・孤独と戦う姿をみて、僕もちょっと胸が痛みました。

それでも、元恋人や晩年の交際相手であったハットンに支えられてその短い生涯を終えたようです。

このあたりのヒューマンドラマも、もう一つの見どころかなと思います。

まとめ

さて、というわけで今回は「ボヘミアン・ラプソディ」のストーリーや見どころをご紹介しました。

星をつけるなら…星4ですかね!

まあ、良いほうじゃないでしょうか?

Amazonプライムで「ボヘミアン・ラプソディ」を無料視聴してみては?

プライム会員なら「ボヘミアン・ラプソディ」を無料で見れるようですね!(2021.1.17現在)

月額500円で他にも映画をたくさん見れるのでお得です。

登録がまだの方はぜひ。

Amazonプライム会員に登録する
では、今回はこのへんで!

 

コメントはお気軽にどうぞ