grandstream blog

【英語表現】「beat a dead horse」の意味とは?ネイティブの使用例と語源をご紹介!

こんにちは、grandstreamです。

さて、今回も気になる英語表現について深堀りしてみたいと思います。

今回調べてみたのは「beat a dead horse」です。

beat a dead horseってどういう意味?

さっそく辞書で調べてみました。

死に馬にむちを打つ、無駄なことをする[繰り返す]、無駄骨を折る、決着のついた話題を蒸し返す

引用:英辞郎

beat a dead horseの語源は?

では語源を見ていきましょう。

直訳すると「死んだ馬をムチで打つ」となります。そもそも馬をムチで打つのは、馬を早く走らせるためですね。でも死んだ馬にムチを打ったところで走るわけがないですから、まさに無駄骨ですよね。

(参考:gingersoftware.com)

beat a dead horseを使った例文

ではさっそく例文をみてみましょう。

  • He keeps trying to get it published but I think he’s beating a dead horse.
    →彼はそれを出版しようとし続けているが、彼は無駄骨を折っているのだと思う。

引用:Cambridge Dictionary

  • We’ve been beating [whipping, flogging] a dead horse long enough.
    →僕たちはもう充分無駄骨を折ってきているんだ。
  • Bob, come on, let’s not beat [whip, flog] a dead horse here.
    →ボブ、ここで決着済みの話を蒸し返すのはやめようよ。

引用:英辞郎

以上のように使用します。

SNS上での使用例

ではツイッター上で「beat a dead horse」を使用している人のツイートを見てみましょう。

私は決して済んだ話を蒸し返すような人間じゃないよ笑。

蒸し返すわけではないが、バイデンはトランプがやると言っていたことをすべて実現していることに、私はうんざりしている。

済んだ話を蒸し返しているのはわかってるけど、質問をする前に、Googleを使用するか、ビジネス系のサイトを見ない理由が全くわからない。情報はすでにそこにあって、暇なときに目を通すことができるのに。怠惰なやつめ。
質問する前にググれよってことですね。まあ、すぐそこに人がいたら質問したくなっちゃう気持ちはわからんでもないですけどね。

まとめ

さて今回は、「beat a dead horse」について調べてみました。

というわけで、皆さんだけが知っている面白い英語表現がありましたら、ぜひ下のコメント欄で教えて下さいね!

ではまた次回!

grandstreamに支援を送る

英語学習ならKindle Unlimited

AmazonのKindle Unlimitedは、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

  • 月額980円で読み放題(2冊で元が取れる)
  • 初回30日間無料で使える
  • PC・スマホ・タブレットなどで、どこでも利用可能
  • 洋書、英語学習に関する本も多数

気になった方は、以下のリンクからチェックしてみてください!

Kindle Unlimited                    

コメントはお気軽にどうぞ