grandstream blog

【英語表現】「apple of one’s eye」の意味とは?ネイティブの使用例と語源をご紹介!

こんにちはgrandstreamです。

さて、今回も気になる英語表現について深堀りしてみたいと思います。

今回調べてみたのは「apple of one’s eye」です。

apple of one’s eyeってどういう意味?

さっそく辞書で調べてみました。

(人)にとって非常にいとしいもの、(人)の自慢の種

引用:英辞郎

apple of one’s eyeの語源は?

では、語源について見てみましょう。

もともと、「apple of one’s eye(目の中のリンゴ)」とは目の瞳孔、あるいは眼球そのものを指す言葉だったようです。

当時の人達にとって代表的な丸いものといえば「リンゴ」だったんですね。

では、なぜ「apple of one’s eye(瞳孔、眼球)」が「愛しいもの」という意味になったんでしょうか?

word-detective.comによれば次のようにあります。

視覚は人間の感覚の中で最も重要なものと考えられており、目の中心は解剖学的に最も価値のあるものであることから、「the apple of one’s eye」はすぐに「最も貴重なもの」の比喩として使われるようになりました。

つまり、(人・モノが)自分の視覚ぐらい大切なものだよと言っているわけですね。

(参考:Wikipedia, word-detective.com)

apple of one’s eyeを使った例文

ではさっそく例文をみてみましょう。

  • I really like my dog. He is the apple of my eye.
    → 私は私の犬が大好きなんです。目に入れても痛くないほどかわいい

引用:英辞郎

  • His youngest daughter was the apple of his eye.
    →彼の末っ子は、目に入れても痛くないほどかわいかった

引用:Cambridge Dictionary

  • My nephew is just the apple of my eye.
    → 彼の甥っ子は目に入れても痛くないほど可愛い

引用: The Free Dictionary

以上のように使用します。

SNS上での使用例

ではツイッター上で「apple of one’s eye」を使用している人のツイートを見てみましょう。

父は私の目を見て、微笑みながら「お前はとても愛しい娘だ」と言ってくれました。私が12歳のときで、それは純愛だった。

父親にとても愛されていたんですね。

私の妹はホントに目に入れても痛くないくらいかわいい

僕も妹がいますが、そんなふうに思ったことはないです。笑。いつもケンカばかりしていましたね…。

今日、私の偉大な祖父は105歳になりました。彼は本当に素晴らしくて、17年間ずっと私は彼の大のお気に入りであり、彼は私のヒーローでした。今日は涙を流さずに、優しさと受容の大切さを教えてくれた人への愛を込めて。おじいちゃん大好きだよ。

105歳って結構なご高齢ですねー。ツイートから察するに、さぞ穏やかなご老人なんでしょうね。

まとめ

さて今回は、「apple of one’s eye」について調べてみました。

愛する人に、「目に入れても痛くないくらい愛しい」という気持ちを伝えたいときに使ってみてはいかがでしょうか?

ではまた次回!

英語学習ならKindle Unlimited

AmazonのKindle Unlimitedは、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

  • 月額980円で読み放題(2冊で元が取れる)
  • 初回30日間無料で使える
  • PC・スマホ・タブレットなどで、どこでも利用可能
  • 洋書、英語学習に関する本も多数

気になった方は、以下のリンクからチェックしてみてください!

Kindle Unlimited                    

コメントはお気軽にどうぞ